家中まるごと浄水するセントラル浄水器


水道水には、雑菌の消毒の為に必ず塩素が含まれています。
塩素は浄水場から家庭まで水が運ばれてくる過程では殺菌消毒のために必要不可欠なものです。
ですが一方、家庭内に引き込まれた水道水に含まれる塩素には、「野菜や果物に含まれるビタミンなどの栄養素に触れると組織を破壊してしまう」「湯船やシャワーの塩素臭・ピリピリ感」などの問題のほか、温水洗浄便座のおしり洗浄機能やビデを長期間使用すると、肛門や大腸の直腸 部、デリケートゾーンに悪影響を与える可能性があります。
また、肌荒れやアレルギーにも、水道水中の塩素が原因の一つ言われています。

このように、塩素がわたしたちの生活に様々な悪影響を及ぼすことは広く知られていて、蛇口に取り付ける浄水器やシンクの下に取り付けるシンク型浄水器、シャワーヘッドに取り付けるタイプやお風呂に設置するタイプなど、様々なタイプの浄水器が普及しています。

そして時代とともに浄水器のタイプも進化し、昨年あたりからは家に引き込む水道管の大元に取り付けるセントラル浄水器が脚光を浴びています。
このタイプなら家の様々な場所に浄水器を設置する必要がなく、今までは不可能だったウォシュレットの水も浄水された状態で安全に使用することができますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする